弁天の株生活

初心者が株式投資(投機)で稼ぐためのブログです

株の投資方法

いつ何株買えばいいのか?初心者が語る一目均衡表を使った銘柄選びと株の買い方

投稿日:2018年11月1日 更新日:

なんとなく上がりそうなタイミングでマックスベット!

相場に4ヶ月ひたって分かりました。

初心者はこんな買い方しちゃだめです。

これで稼げるのは大量の株を買えて、なおかつ数秒の暴騰を見抜ける人だけだと心得ました。

最近は考えて売買できるようになってきたので、銘柄選びと株の買い方について初心者なりの考えを書いてみようと思います。

投資方法のヒントにでもしてくだされ~。

チャートを読んで条件のいい銘柄を探そう!

大前提として、近々株価が上がるであろう銘柄のみを候補としましょう。

当たり前なんだけど、考え方を変えるまでできてなかったことなんですよね・・。

買うべきはチャート的に「上昇する条件を満たしつつある銘柄」です。

これに業績とかニュースが掛け合わさると上がる確率も高まるだろうから、そういう話題の銘柄を選ぶのがベストだと思っています。

ゴールデンクロスや乖離率などいろいろあるけれど、一目均衡表の3つの条件を見るのが筆者のやりかた。

  1. 転換線の好転(早めのサイン)
  2. 遅行スパンの好転(やや早めのサイン)
  3. 雲を上抜け(遅めのサイン)

この順番で条件を満たした時、三役好転の絶好調な銘柄だと読めるらしいんです。

ということは遅行スパンの好転で監視を始め、雲に近づいた時に仕込み始めれば・・(ジュルリ

雲を抜けなかったり逆転しだしたらスパッと利確や損切りできるのも分かりやすくて良い!

今回は考え方だけを語るので、チャートのことはまたいずれ。

株を分けて仕込むのがコツ

1分足のボリンジャーバンドで値動きを監視しながら仕込みます。100~300株くらいずつ買うのがイイかな。

一気に下がった時がチャンス!その日の安値で買えると最高やね。

株価が伸びざかりの銘柄を買うワケだから、10円くらい値下がりしても強気で買い足します。

上がり続ける株なんてありません。どんなに調子がよくても下がる時は下がるので、その見極めをしっかりと!

場合によっては早く損切りして安く買い直すなんてことも。

損切りと買い直しの値幅が大きいほど株価が戻った時に利益を上乗せできるから、早めに判断できるとおいしいです。

ひとまず雲を抜けて下がり出したら利確!

三役好転したということは強い上昇トレンドに乗っているはずだから、再び安く買い直して監視すべきでしょう。せっかくのチャンスを逃さぬように。

これが筆者が考える銘柄選びと株の買い方です。

本格的な上昇トレンドに乗る前から仕込んでおけば利益も倍増!一目均衡表を上手に使ってお宝銘柄を見つけてくださいね!

ちなみに出来高は50~100万くらいあった方がいいですよ!

株を始めたばかりの初心者におすすめです↓↓↓

-株の投資方法
-,

Copyright© 弁天の株生活 , 2019 All Rights Reserved.